ノーゲームノーライフな人生の送り方

ゲームだけして生きていきたい「あなた」のためのゲーム情報サイト

【TM講座】コンセプトに合った人をフォローする

   

今回はフォローに関する記事を書いていきます。

twitterでフォロワーを増やす戦略は大きく分けて二つあります。

1.RTを狙う

これは【TM講座】コンセプトに合った面白い事を呟くにも書いたように、
おもしろい呟きをすることでRTを促し、
RTを見た人が自分に興味を持ちフォローしてくれる。

といった具合にフォロワーを増やす戦略です。
今回主に扱うのは次の戦略。

2.フォロー返しを狙う

特に設定を弄っていないアカウントの場合、
自分が誰かをフォローしたときに相手に通知が行きます。

「○○さんがあなたの事をフォローしましたよー」といった感じです。

フォローされた方は誰からフォローされたか気になるので、
自分をフォローしたアカウントのプロフィールとか呟きとかを見に行くんですね。

で、
そのアカウントが何か面白いこと、自分に必要そうな情報を発信している場合、
「とりあえずフォローしておくか!」とフォローしてくれます。

この一連の流れをフォロー返しと呼びます。

アカウントを運用し始めて間もない場合、
フォロワーが全くいない状態なのでRTされる見込みはありません。

なので、
自分から積極的にフォローを行って良き、
フォロー返しを狙う必要がある訳です。

では、具体的にどんな感じでフォローを行っていけば良いか解説します。

フォローするアカウントの探し方

フォローするアカウントっていうのは何でも良いわけではありません。
注意点としては2つあります。

1.業者っぽいアカウントはフォローしない

アカウントを探しているといかにもフォロワーを集めるのが目的な
業者っぽいアカウントがかなり見つかると思います。

このアカウントからフォロー返しされたところで、
自分の発する情報を見てくれるわけでは無いので無意味です。
なので基本的に業者っぽいアカウントはフォローしないようにしましょう。

2.なるべくコンセプトに合ったアカウントをフォローする

例えば「とにかく面白い事を呟く」というコンセプトだった場合は、
ジャンルが多岐にわたるので、そこまでアカウントをえり好みする必要は無いです。
学生、社会人、主婦などのキーワードを使いtwitter内で検索をかけ
HITした人をフォローしていきましょう。

ただ、
「ダイエットの方法」みたいなコンセプトで情報発信する場合には工夫が可能です。

というのも無差別にフォローをしていくよりも、プロフィールに「ダイエット中!」
みたいに書いている人の方が、自分の発する情報に興味を持ってくれる可能性が高いからです。

なので、
フォローするアカウントを探すときは、

・自分のコンセプトに共感してくれる人っていうのはどんな人なのか?
・その人はアカウント名やプロフィールにどんなキーワードを入れているのか?

というのを考えましょう。

また、
例えば有名人に特化した情報を呟くというときは検索以外の戦略も考えられます。

例えば宇多田ヒカルのファンで、
「宇多田ヒカルに関する情報発信」というコンセプトだった場合は、
宇多田ヒカルのtwitterアカウントのフォロワーをひたすらフォローしていけばOKです。

当たり前ですが宇多田ヒカルのアカウントのフォロワーってことは、
宇多田ヒカルが好きだったり、少なくとも興味がある訳ですから、
宇多田ヒカルに関する情報発信を行っているアカウントにも興味がある可能性が高い
というわけですね。

フォローする人数

よし!フォロー返しをなるべく多く貰うために、
今日から毎日1000人フォローしよう!

と思うかもしれませんが、
残念ながらこれはできません。

というのも、
運用開始直後のアカウントで大量にフォロー活動を行うと、
まず間違いなくアカウントが凍結されてしまいます。

運用開始からしばらく時間が経過したアカウントであっても
大量フォローやフォローしたアカウントからブロックされる
ということが多くなると、やはり凍結します。

凍結されても運営に申請すれば解除されますが、
やはり信用を考えると凍結されないようなアカウント運用が必要になるわけです。

ではどんな感じでフォローを進めていくのか?

というところですが、
以下のような感じで進めてみて下さい。

登録直後~3日⇒1日10人
3日~1週間⇒1日30人
1週間~2週間⇒1日50人
2週間~1000フォロワー⇒1日100人
1000フォロワー~2000フォロワー⇒1日200人
以降様子を見て増やしていく。

ここで注意なのですが、
「一気に100人フォローする」といったことはしてはいけません。
高確率で凍結されます。

20人フォローしたら1時間ほど間を空けてまたフォローする。
といった具合に作業を進めて貰えれば、
凍結のリスクは回避できるかと思います。

といったところで今回はこの辺で。

 - TM講座 , , ,