ノーゲームノーライフな人生の送り方

ゲームだけして生きていきたい「あなた」のためのゲーム情報サイト

League of Legends を始めてはいけない5つの理由

      2015/11/10

League of Legends (以下LOL) とはRiot Games が開発した
現在世界的に有名なMOBAです。

海外のゲームだけれども言葉が分からなくても全然遊べるし面白い!

と友達から聞いてワクワクしながら遊び始めたのですが、現実はそんなに甘くは無かった。

僕と同じような不幸を生まないように、LOLをおすすめできない理由を書いていこうと思います。

1. ルールの理解に時間がかかり過ぎる

lol01

LOLは上の図のようなフィールド(Summoner’s Rift)で行われる
5vs5のマルチプレイ対戦ゲームです。

最終的には相手陣地のネクサスと呼ばれる部分を破壊すると勝利になります。

(今回は割愛しますが、他のゲームモードも存在します。)

「Summoner’s Rift」には三つの「レーン」と呼ばれる通路と、「ジャングル」と呼ばれるゾーンが存在します。青チームなら画面左下の自陣から右上へ、紫(赤)チームなら画面右上の自陣から左下へ攻め込む形です。

レーンにはマップ左から上に伸びて行く「TOP」、中心部の「MID」
マップ下から始まる「BOT」の3種類あります。

基本的にはTOPに1人MIDに1人BOTに2人配置し、残りの1人が木々が生い茂るJUNGLEを
担当するというプレイスタイルになります。

この基本形が絶対!というわけではありませんが、「とりあえずそんなもんなんだな」位に
思ってもらえればと思います。初心者にはトップもしくはボットレーンがオススメです。

とまぁこんな感じで日本ではあまり見ないルールの対戦ゲームになります。

実際にやってみると凄く奥が深くてストラテジーとアクションが絶妙にくみ合わさった
素晴らしいゲームということがわかるんですが、やはり日本人の初心者が理解するのには
まぁまぁ時間がかかるので、手軽に遊びたい!という人にはおすすめできません。

2. チャンピオンが多すぎる

lol02

ゲーム開始前にプレイヤーは自分の分身となるChampion(以下Champ)と呼ばれる
キャラクターを1体選びます。

この選んだキャラクターでフィールドを自由に駆け回りながら相手陣地へと
攻め込むというわけですね。

で、このChampなのですが全部で100体以上います。

それぞれ長所短所があり、格闘ゲームでいうこのキャラ使っておけば間違い無い!
という強キャラは基本的に存在しません。

アップデートごとに細かな仕様が変更されることで強いChamp弱いChampなどは出てきますが、
強いとされているChampに強いChamp(カウンター)などもいるので、
複数のChampを使い分けられるようになると良いかもしれませんね。

でも、最初はまだ何も分からない状態だと思うので、
何となくFeelingで気に入ったChampを選べば良いと思います。

前述しましたが100体以上存在するChampはその全てが姿も使用するスキルも異なり、
もちろんゲームスタイルも異なります。

剣を持って相手に切り掛かるChampも入れば遠くから弓で攻撃するようなChampもいます。
魔法で相手を足止めするスキルを持っていたり、味方を回復できたりなど、
Champによってプレイスタイルは多種多様です。

全く同じルールだとしても、新しいChampで遊ぶたびに新鮮な気持ちで楽しめます。
永遠に飽きないゲームとさえ思う程に熱中する事が出来るのです。

ただ、その反面ランクが上がってくると、勝つためにはChampの知識が必要になってきます。
相手のChampはどういうスキルを持っていて何に注意する必要があるのか?
というのを予め知っておく必要があるんですね。

100体分の知識というのは半端な量ではありません。

ちょっと楽しんでみよう!というくらいなら良いかもしれませんが、
本気でランクを上げたい!という場合は結構大変だったりするので、
そういう意味では初心者にはオススメできません。

3. ビルドやルーンなどが複雑

lol03

ゲームの序盤ではそれぞれのレーンをとことこ歩いてくる「ミニオン」と呼ばれるモンスターを
倒す事で、レベル上げとお金稼ぎを行います。

レベルを上げるとChampの能力が上がり、スキルのレベルを上げる事ができます。
(試合毎にレベルは1からのスタートになります。)

お金を貯めると、自分の能力を上げるアイテムを買う事が出来ます。
このアイテムにも色々と種類があり、自分のChampに合ったアイテムを買う必要があったり、
ゲームの局面を見ながら、その場で適切なアイテムを買うよう判断しなければいけないんですね。
どのアイテムを買うか?であったり、アイテムを買う順番をビルド(build)と読んだりします。

このChampではどういうビルドが良いか?というのは大体決まっています。
「Champ名 build」というように検索すれば情報が出てくるので参考にしてみましょう。
ほとんどが英語のサイトですが、アイテムのアイコンを見れば大体わかると思います。

で、試合に勝ったり負けたりするとIPと呼ばれるゲーム内通貨が貰えます。
IPは新しいChampを買ったり、ルーンを買ったりする事が出来るんです。

ルーンっていうのは付けるとChampの能力を上げる事が出来るアイテムです。

MIDレーンで魔法系のChampでいくときはアビリティパワー(AP)が上がるルーンを付けよう!

とか

JUNGLE行く時はアタックスピード(AS)が上がるルーンを付けようかなー。
という感じで、自分の行くレーンやChampの種類によって独自のカスタマイズをすることができます。

とまぁこんな感じで、ルール自体は簡単なのですが、細かいビルドやルーン
(他にもマスタリーなどがある)などの複雑な要素が含まれていて、
最初はチンプンカンプンになります。

理解できると奥が深すぎてめちゃくちゃ面白い!となるのですが、そこまでが結構大変なので、
めんどうなことが嫌いな人にはオススメできません。

4. スキンが魅力的すぎる

lol04

さて、Champにはスキンというものが用意されています。

スキンとは要するに見た目のことで、スキンを変えることでChamoの外観や
使用するスキルのエフェクトを変える事が出来ます。

LOLを遊び始めると分かるのですが、初めての頃に使ったChampだったりよく使う
Champというのは凄く愛着が湧いてくるんですね。

そしてそんなChampの特別なスキンというのは本当に欲しくなってしまうんです。

どのスキンも魅力的な物ばかりで「あー、このスキンで遊びたいなぁ、、、」
と遊ぶたびに思ってしまう。

でもこのスキン「有料」なんです。

LOLは基本的に遊ぶのにお金はかからないんですが、
Champのスキンを販売する事などで利益を得ているようなのです。

一つのスキンが500円から1000円くらいでしょうか。

で、僕も試しに一つ買ったんですが、もう止まりません。
一つ買うとそのChampのスキンが全部欲しくなってしまいます。

それだけ魅力的なスキンが揃っているんです。
そういえばこの間はW杯のスキンが販売されていましたね。
しかもたまにセールで安くなったりもするんだから商売上手もいいところです。笑

ということでLOLを始めると魅力過ぎるChampのスキンが欲しくなってしまい、
お金がいくらあっても足りないので絶対に遊んでは行けません。

5. 中毒になりすぎる

lol05

やはり5vs5のPVPであり、戦う相手は自分と同じ人間です。
当然負けたら悔しいです。

ボコボコにされて負けたのでは夜も眠れません。
「次は勝てる!次なら絶対勝てる!負けたまま辞めれるか!」
と何度もマッチングし続けてしまいます。

一方勝利したときも
「あ〜、余裕だわ〜。きっと次も勝てるわ〜、余裕で勝っちゃうわ〜」
という感じで勝利の余韻に浸りつつも再度マッチングしてしまいます。

要するにこのゲーム、勝っても負けても辞め時がわからなくなるんです!

僕もこの間の休日の午前中に、ちょっと昼ご飯までLOLやるかー。
と始めたところ、気づけば夜の9時くらいまで辞めることができませんでした。
これぞLOL中毒。

勝った時は凄い嬉しい!負けた時は凄い悔しい!
というPVPとしては凄く良く出来ていて、実際に遊んでいる分には
めちゃくちゃ楽しいゲームなのですが、中毒になってしまい私生活に
影響を及ぼしかねない要素を持ち合わせているので、絶対に遊んではいけません。

絶対にLOLは始めないように!

とまぁ僕がLOLを遊んだ中で感じたオススメできない部分は以上になります。

ここまで書いてLOLに興味を持つ人はまずいないとは思いますが、
念のためLOLの登録リンクを貼っておきます。

くれぐれもクリックして登録するなんて事は無いように。

⇒LOLの登録はコチラから。

また、まず遊び始める人はいないと思いますが、僕のサモナーネームも書いておくので、
決してフレンド申請なんてしないように。

サモナーネーム:pantaroon

 - League of Legends, PC Game , , , ,